Skip to content

なぜ日本でギャンブルが禁止なのかを徹底解説!

なぜ日本でギャンブルが禁止なのかを徹底解説!

日本でギャンブルが禁止されている理由

ギャンブルは好きですか?

日本にいる間は手を出さない方が良いでしょう。

日本の刑法第23条では、組織的な賭博やくじの個人的な販売を禁止しています。

この法律に違反した場合、150万円以下の高額な罰金または2年以下の懲役が科せられます。

法律では、ギャンブルを「偶然に基づいているために結果が不確実な事象に対し、有価物を賭ける行為」と定義しています。
例えば、サッカーの試合で権利書を賭けることはギャンブルにあたります。

この法律の存在理由は2つあります。

まず、日本社会はあらゆる不道徳な行為を嫌います。

ギャンブルをやりすぎると生活の糧を失ったり、依存症に陥ることがあります。

その結果として生産性が無くなり、社会の重荷となってしまいます。

あなたの行動によって、政府はあなたの成長ではなく、リハビリに多額の投資をしなければならなくなるのです。

もう1つの理由は、禁止となってからも違法カジノが影で活動を続けていることです。

また、このような賭博場は、日本の反社会組織であるヤクザと関係を持っています。

刑法第45条の施行によって、当局が暴力団員を逮捕して有罪にし、その数を抑制することが容易になりました。

日本人はギャンブルが好き?

日本人はギャンブル好きなのかもしれません。

賭博行為の中には、禁止の対象とならないものもあるので、合法的にできギャンブルの種類をチェックしていきましょう。

全国および都道府県の宝くじ

宝くじは、日本社会では当たり前のように行われています。

宝くじ法は、12の政令指定都市と47の都道府県で宝くじの運営を認めています。

ただし、賞金の最低半分は慈善団体や地方自治体に寄付されます。

収入源が増えることは、地方自治体の財政にもプラスになるので、継続的に現金を投入している宝くじは法律の対象外となっています。

しかし、駐在員が宝くじを購入する場合は注意が必要です。

なぜなら、賞金は母国の法律によって課税対象となる可能性があるからです。

例えば、米国市民は賞金総額の最大30%を納税することになります。

パチンコ

パチンコは、スロットマシン、ピンボールマシン、ビデオゲームを組み合わせたものです。

遊ぶには、まずカジノのスロットマシンのようにお金を入れる。

小さなパチンコ玉が出てくる。

チャッカ(玉が入る穴や通過する通過口)を狙って、玉を空気圧(ピンボールマシンでいうパドル)で発射する。

ヒットすると抽選が始まり、当たるとさらに玉を獲得できます。

パチンコ玉は、お金以外の景品とも交換することができます。

例えば、獲得した玉をお菓子などの景品と交換します。

パチンコ店に隣接する店舗では、景品を現金に交換することができます。

この取引は店外で行われるので、ギャンブルのルールには違反しません。

スポーツ賭博

スポーツ賭博はやりすぎないように気を付けて下さい。

日本では、スポーツ賭博に対して厳しいガイドラインが設けられています。

まず、パリミュチュエル方式は唯一の例外です。

この方式はすべての賭け金がプールされ、そのプールされた金額が勝ち投票券に配分されることで、賞金を獲得する仕組みになっています。

スポーツに賭けることができるのは、国または地方自治体の認可を受けた場合のみです。

例えば、

  • モータースポーツ
  • 競馬
  • 競輪

などが賭けの対象となります。

日本でギャンブルが違法になったのはいつから?

日本では1907年の法律制定以来、ギャンブルは違法になっています。

しかし、近年では一部の法律を緩和する動きが見られます。

例えば、2018年に承認された統合型リゾート整備推進法は、国内でのカジノ運営を容認するものですで、ホテルや展示場などのリゾート施設の一部として、合法的にカジノを運営することができます。

日本ではギャンブルが人気?

日本ではほとんどのギャンブルが禁止されているにも関わらず、その人気は著しく高まっています。

SimilarWebと朝日新聞社の最近の調査によりると、日本のギャンブラーの数は年々増加していることが判明しました。

例えば、オンラインカジノの月間訪問者数は、2020年11月時点で4900万人強となっています。

2018年12月は64万8000人だったので、その約120倍増加しています。

海外のオンラインギャンブルは依然として違法でも合法でもないグレーな立ち位置に置かれていますが、2020年1月にカジノ管理委員会が設立されたことで、カジノ業界の政府に対する好感度が上昇しています。

この委員会の任務は、統合型リゾート事業者の運営を監督することです。
さらに、

  • MGM Resorts
  • Getting Singapore
  • Melco Resorts

などの大手事業者が関心を示していることは、日本のギャンブル市場の巨大さを物語っています。

日本のカジノ法とは?

日本のカジノ法は具体的にどのようなものなのかチェックしていきましょう。

2018年の統合型リゾート(IR)整備推進法は、以下のことを定めています。

規制当局

ギャンブル施設を提供するすべての統合型カジノ事業者は、カジノ管理委員会の規制に従わなければなりません。

また、パチンコ店を併設する場合は、地域の公安委員会から営業許可を得る必要があります。

このような施設は、当選者が獲得した玉やトークンを景品や現金に交換できるギフトショップを併設しなければなりません。

営業許可証は、国土交通大臣の認定を受けたIR事業者のみが取得できます。

最初に、委員会は3つのIR営業許可証のみを付与します。

事業者は、指定されたIRエリアで1件のカジノのみを運営できます。

許可されている活動

IR営業許可証は、以下の活動の場合にギャンブル施設を運営することを許可します。

競馬:この規則は、日本国内で行われるイベントのみを対象としています。そのため、ロイヤルアスコットのようなイベントに賭けることは依然として違法です。

くじ:政府または地域の公安機関が運営するくじに対してのみ、ギャンブルサービスを提供できます。

これには、トト(日本のサッカーくじ)や宝くじなどが含まれます。

地域のモータースポーツ:地域のボートレースやオートレースは合法です。また、新しい法律により地域の競輪でも賭けができるようになりました。

入場規則

日本の新カジノ法では、合法的なギャンブルができる年齢を20歳以上と定めています。

ただし、この年齢でも学生の場合は違法です。

設立のガイドライン

IR推進法は、教育機関、医療施設、公共図書館の近くにカジノ施設を設置することを禁止しています。

IR事業者となるには、委員会の定める人材、財務安定性、収益性、技術力の基準を満たす必要があります。

納税義務

認可を受けたカジノ事業者には、以下の税金が課せられます。

国庫納付金:認可を受けたIR事業者は、国に対して総粗収益の15%に相当する額、または委員会の管理費に相当する額の納付金を支払わなければなりません。

認定都道府県等納付金:事業者は、1ヶ月の総粗収益の15%に相当する金額を認定都道府県等納付金として毎月支払います。

納付は毎月決まった日に行います。

日本の新カジノ法はすべてのカジノに対し、政府に直接納税することを義務付けています。

なぜ日本ではカジノが違法なのか?

日本では新しいカジノ法案が国会でも可決されましたが、現在はまだカジノの合法的な運営は行われていないのでまだ違法ということになります。

なぜ、国内カジノの合法的な運営に至るまでこんなに時間がかかっているのでしょうか?

これには以下のような理由が考えられます。

新型コロナウイルスの感染拡大

新型コロナウイルスの感染拡大は、今だに世界中のビジネスに影響を与え続けていて、カジノ法の進行も妨げているんです。

東京オリンピック

また、日本では2020年東京オリンピックが開催されるため、カジノ法の一部の施行は後回しにされ続けています。

法の施行は時間を要する

もともと法律を施行するにはかなりの時間を要します。

しかもIR推進法(カジノ法)はまだ始まったばかりで、業界関係者は、規制の枠組みはまだ改善の必要があると考えています。

例えば、日本政府が規制を効果的に実施するために必要な立法措置を最終的に決定するまでには約1年かかると言及しています。

世論がのってこない

国内の世論がそこまでのり気でないことも理由の1つでしょう。

日本の多くの人々は、カジノ合法化がもたらす長期的な利益に対してまだ懐疑的です。

ほとんどの一般調査の結果によると、人々はこのイニシアチブをあまり支持していません。

さらに、ギャンブル依存症への懸念やヤクザの干渉に対する脅威のため、完全な合法化が遅れています。

下記の記事では、日本国内からオンラインギャンブル(オンラインカジノなど)をプレイすることに対する合法性について触れているので、気になる方はチェック!

 

日本国内から遊べるオンラインギャンブルを徹底解説!