Skip to content

What happens if a casino gets caught cheating【重要カジノ情報】カジノで不正行為をしてバレたらどうなるか詳しく解説!

What happens if a casino gets caught cheating

カジノで不正行為が発見された場合、どうなりますか?

カジノでの不正行為は、アメリカやヨーロッパを含めほぼ全世界で違法とされています。不正行為が見つかった場合は、以下の要素によって異なる処置がなされます。

  • それぞれの都市、カジノによる法律、規定– マカオ、モナコ、ラスベガス、若しくは別の街においても、各々法律や、方針、カジノのガイドライン、管轄によって異なり、不正行為の定義もそれぞれ異なります。
  • 罪の大きさ– 例えば、カード・カウンティングと、スロットマシンへのハッキング行為では処罰の大きさは異なります。
  • 再犯 – 不正行為の発見が初めてでない場合、初犯よりも、より高い罰金、長い懲役等の厳しい処置がとられる可能性があります。
  • 年齢 – 未成年はギャンブルを禁止されているので、不正行為をしても処罰にならない可能性があります。ご高齢の方の場合は、カジノから追い出され、出入り禁止を命じられる場合があります。

カジノで不正行為がバレたときの具体的な処置

カジノでの不正行為が発見された場合、基本的に以下のような処置がとられます:

  1. 警告 – カジノの管理者は状況を対処する権利を持っています。不正行為が故意で無いと判断されたり、初犯である場合、警告のみにとどまる可能性もあります。不正行為を即刻辞めるよう要求されます。
  2. 退出 – ブラックジャックでの不正行為が疑われた場合、ブラックジャックのテーブルから退出することを要求される可能性があります。基本的に、ルーレットやバカラ、スロット等の別のゲームを楽しむことは許されます。別のテーブル、日にち、シフトであればブラックジャックをプレイできることもあるかもしれません。しかし、カジノのスタッフに監視されることになります。
  3. カジノからの追出 – カジノから追出される可能性もあります。警備員に暴力を振るわれたり、縛られたりということではなく、フロアか、施設から出ていくように要求されます。要求に従わない場合は、警備員に施設の外までエスコートされることになりかねません。
  4. ブラックリスト、出入り禁止 – 不正行為で大金を掴んだのでなければ、カジノ側から、罪を見逃される可能性もありますが、ブラックリスト入りし、出入り禁止になります。多くの場合、マカオやアトランティック・シティ等を含む都市では、カジノに出入り禁止になります。
  5. 勝利金の没収 – 不正行為で大金を手にした場合、基本的にこのような承知がとられます。例えば、カードカウンティングをして5,000ドルの勝利金を手にした場合、全額没収されます。この手法は、公正に手にした勝利金に対して行われる可能性があるという点から、賛否両論です。
  6. 拘束、取り調べ – 都市によっても異なりますが、警備員や管理者に拘束される可能性があります。集団的な不正行為に加担していると見なされる場合は、共犯者についての情報を聞き出す目的で、更に拘束される可能性が高まります。不正行為が犯罪的である場合は、警察を呼ばれることもあります。
  7. 罰金 – カジノでの不正行為が発見され、有罪判決が下された場合、裁判所から罰金の支払いを命じられる可能性があります。ラスベガス等の管轄地では、不正行為に対する罰金は約1万ドルです。管轄地によって金額は異なります。
  8. 投獄 – 犯罪の規模によりますが、カジノでの不正行為により投獄される可能性があります。ラスベガス等の管轄地では、不正行為が再犯である場合、最長6年の懲役が言い渡されることがあります。

実例として、ヴァン・トゥ・トランは、アメリカ国内のカジノを対象として集団を率いて不正行為を行った罪で告発されました。原告はトラン氏に25万ドルの罰金と20年の懲役を求めました。2015年、3人のイギリス人ギャンブラーが、モナコのカジノで不正行為を行い4億ユーロの勝利金を手にしたことで投獄されました。

10ユーロで購入したトークンを1、000ユーロ相当のチップにすり替えました。3人のうち1人は地元のカジノで不正行為を行っていた罪で、14か月投獄されていました。現実では、カジノでの不正行為は、カジノを追出され、永久に出入り禁止となる場合がほとんどです。写真が撮られ、データベースに記載され、関係するカジノに情報が回ります。

ポーカーで不正行為を行って投獄されることはありますか?

はい、ポーカーでの不正行為によって投獄や罰金の刑に処される場合があります。ポーカーで不正行為を行い、裁判沙汰になり、勝利金を没収された前例が数多くあります。イギリスでは、あるポーカー・プレイヤーは、350ポンドの支払いと6か月の懲役を言い渡されました。2016年、ポーカーで不正行為を行った57歳のロシア人ヴァレリ・ミキャレッツが4か月間投獄されました。

彼はロンドンのパームビーチ・カジノで紙やすりを使い不正を行い5万7,000ユーロを手にしました。他のプレーヤー達とテキサス・ホールデムをプレイしていました。ポーカーにおける不正行為は具体的にどのようなものが挙げられるでしょうか?膨大な不正行為の一部として、以下が挙げられます:

  • ディーラーと結託・共謀しデックの一番下からカードを抜く
  • カード・マーキング
  • カードを使い暗号を送る
  • トーナメント中の他のプレイヤーとの結託・共謀
  • カード・シェアリング
  • オンライン・ポーカーでのボット・リングスの使用
  • ゴースティング

カジノはどうやって不正行為を発見するのですか?

基本的に、カジノで不正行為が行われていると判断するまで、少し時間がかかります。突然プレイヤーが勝って短時間で大金を手に入れる場合、不正行為が発見されやすいです。お金の流れと、ゲームの仕方を見て不正を突き止めるのです。一般的に、カジノは様々な戦略を使い不正行為を発見します…

  • 車両番号の追跡: この方法は、よく知られた不正行為者に対して使用されます。ラスベガスのいくつかのカジノでは、テクノロジーを使って車両番号を読み取ります。知られた不正行為者の車番が発見された場合、カジノ内にいる不正行為者を見つけ出します。
  • 防犯カメラの使用: カジノは広範囲で防犯カメラを設置しています。ブラックジャックやルーレットテーブルを特に厳重に監視しています。カード・カウンティングや他のディーラーとの共謀の有無を確認する為に使用されます。
  • スタッフの監視: フロア毎にスーパーバイザー、警備員、ピットボス、ディーラーがいて、不正行為を監視すると同時に、お互いを監視し合っています。
  • 数字の把握: カジノのスタッフは、数字を熟知しています。例えば、カジノ側のクラップスの勝利金の平均額は掛け金の10%であることも知っています。突然勝率が変化すると、不正者の存在を疑います。
  • タグ付けチップの使用: 多くのカジノでは、RFIDテクノロジーを使い、チップをタグ付けしています。盗難防止にもなり、不正抑止にもなります。
  • 不正者のデータベースの使用: ラスベガス等のギャンブルの中心地の都市のカジノは、データベースを保有しています。不正者の名前、ライセンス番号、写真等IDが記載されています。不正者がカジノに入店するや否や、監視ネットワークによってデータベースから素早く特定されます。

カードの不正行為は犯罪ですか?

カード・カウンティング等のカードの不正行為は、多くの管轄地では違法行為ではありません。

しかし、多くのカジノが、追出、入店拒否、出入り禁止にする権利を有します。以下の2種類のカードの不正行為は違法となります:

  1. カードゲームの結果を操作した場合。例):ブラックジャックのシャッフルマシンを不正に操る。
  2. 支払金を操作した場合。例):支払金の金額を不正に釣り上げる。

ネバダ州等では、上記のような不正行為は犯罪と見なされ、最長6年の懲役か最大1万ドルの罰金、若しくはその両方を言い渡されることもあります。

ラスベガスで不正行為を行った場合どうなりますか?

ラスベガスで不正が発見された場合、追出され、出入り禁止になる場合がほとんどです。不正行為の規模にもよりますが、拘束され取り調べを行われる可能性があります。

刑事事件と見なし、警備員が警察を呼ぶ可能性もあります。ラスベガスで不正行為が発見され、有罪になった場合は以下の処罰を受ける可能性があります。

  • 最長6年の懲役
  • 最大1万ドルの罰金
  • 懲役と罰金

ポーカーで不正行為を行った場合どうなりますか?

ポーカーの不正行為を発見された場合どんな処置がとられるかは、場所によります。友人同士でのゲーム、オンライン、オフラインでのゲームではどうでしょうか?ポーカーテーブルの掛け金の大きさにもよります。家で行われるポーカーで、不正行為が発見されたら、友人を失い、多くの場合は勝利金の返金を迫られます。

カジノでは、集団で不正行為をした場合は、出入り禁止となり、ブラックリストに名前が載ります。プライベート・ポーカールームでは、出入り禁止と勝利金の没収が求められる可能性があります。