Skip to content

【ブラックジャック必勝戦略】ブラックジャックハンド11はダブルダウンすべきか徹底解説!

Untitled design (3)

11はいつもダブルダウンすべき?

多くのブラックジャック専門家によると、11でダブルダウンするのは優れた戦略です。

またある特定のゲームシナリオがあなたに有利にはたらくことがあります。次のような場合です。

  • あなたに2枚のカードが配られた後、ディーラーのアップカードが10より低く、あなたのハンドの合計が11のとき。
  • ゲームのルール上、ディーラーがソフト17でヒットする必要がある場合。ディーラーのアップカードの値は関係ありません。この規定があるブラックジャックでは、必ずダブルダウンしてください。

ディーラーよりも先に21に到達するというわずかなアドバンテージがあるため、どちらのシナリオでも11でダブルダウンするのは良い戦略と言えるでしょう。

プレイヤーの数やベッティングプールの大きさによっては、より多くの賞金を獲得することができます。

11はダブルダウンしたほうがいいのか?

ハンドが11場合、必ずしもダブルダウンするべきというわけではありません。

11でダブルダウンすることが、そのラウンドでの最適な戦略ではない場合があります。

Should 11 be doubled down

例えば、9、10、11のハードハンドでしかダブルができないゲームでは、11でスタンドした方が良いでしょう。

11でダブルダウンする前に、以下のような要素を考える必要があります。

  1. 潜在的な利益率:11でダブルダウンすべきタイミングは、その手の潜在的な利益率によって異なります。
    ここでは、11でダブルダウンした方が利益を得られるシナリオを紹介します。ディーラーのアップカードが2の時、ヒットすると24セントしか獲得できませんが、ハード11でダブルダウンした場合は48セント利益が得られます。
  2. 11となったハンドのカードの組み合わせ:潜在的な利益率以外に、カードの組み合わせも11をダブルダウンするかどうかの判断に影響します。カードの組み合わせが異なると、賞金額も異なるからです。
    例えば、6+5の11をダブルダウンすると48.2セントの利益になるのに対し、9+2のハンドでは47.6セントになります。

したがって、11でダブルダウンするかどうかは、状況を見て判断してください。

残念ながら、ディーラーに対するアドバンテージを失ってしまう可能性もあります。

例えば、ディーラーのアップカードが2の時に11をダブルダウンしてはいけません。

その代わり、次のラウンドでディーラーがあなたよりも21に近づく可能性は低いので、スタンドするのがいいでしょう。

最後に、ブラックジャックのルールでは、ダブルダウン後のセカンドヒットは認められていないことに注意してください。

そのため、ハンドの合計が11の時にダブルダウンを選択する場合は注意が必要です。

ブラックジャックにおけるソフト17の意味とは?

ブラックジャックのソフトハンドとは、手札に11の値を持つエースが含まれている状態を指します。

例えば、手札にエース+6や3のペアとエースが含まれている場合、ソフト17となります。

ただし、エースが2枚の場合や、エース+9+7のように複数のカードで手札の合計が17の場合は、ソフト17に当てはまりません。

ソフト17の意味がわかったところで、それがブラックジャックのゲームにどう影響するのでしょうか?

カジノによっては、ブラックジャックにソフト17のルールが含まれていることがあります。

オペレーターによっては,以下のようなルールを設定している場合があります:

  • ディーラーがソフト17のハンドを持つ場合はスタンドしなければならない
  • あるいは、あなたのハンドがソフト17の場合はディーラーがヒットしなければならない

現在あなたがプレイしているゲームにそのルールが適用されているかどうかを確認する一つの方法は、ゲームテーブル上のテキストをチェックすることです。

正規のカジノでは、テーブル上に必ずソフト17ルールが表示されており、適用されるソフト17ルールのバージョンが示されています。

最後に、ブラックジャックのソフト17ルールは、ゲームのオッズに大きな影響を与えます。

いつダブルダウンすべきか例えばこのルールによって、ディーラーがバーストすることが多くなるかもしれません。

しかしその逆で、プレイヤーにとって壊滅的な結果になることもなります。

これはディーラーの次のハンドが自分のハンドよりも高い値を持つ可能性が非常に高くなるからです。

そのためハウスエッジは約0.20%増加します。

したがって、ソフト17ルールを採用しているブラックジャックは、ハウスエッジが高くなるため、カジノにとって有利なゲームと言えます。

いつダブルダウンすべきか?

ダブルダウンは、ブラックジャックの熟練プレイヤーが武器として持っている戦略の一つです。

ゲームの途中で賭け金を2倍にすることで、追加のカードを得ることができます。

さらに、次のラウンドでそれぞれが受け取るカードによって勝敗が決まります。

いつダブルダウンすべきか?

しかしそれが成功するかどうかは、使用するタイミングの習熟度にかかっています。

またこのルールでは、追加カードの値に関わらず、その後のプレイでヒットすることはできません。

したがって、ダブルダウン戦略を効果的に使いたい場合は、次のようなシナリオに注意してください。

ベストなシナリオ1

ディーラーのアップカードが2から6に対して、自分がソフト16から18の場合:

ディーラーの値が低いアップカード(2~6)に対して、16~18のソフトハンドを常にダブルダウンすることで、勝率を上げることができます。

このような潜在的に有利なハンドを持っている場合、最初にプレイヤーが考えることはスタンドすることです。

しかし統計によると、追加のシングルカードを受け取ることで、次のディールで常により良いハンドの合計を得られることが示されています。

ベストなシナリオ2

ディーラーのハンドの値が低く、自分がハード11か10の場合:

また手札の合計値が10または11の場合は、ダブルダウンする必要があります。

手札の合計値とは、エースを除いた2枚のカードの合計値のことです。

熟練したブラックジャックプレイヤーは、ディーラーのハンドの合計値が低い場合はダブルダウンすることを推奨しています。

これは、あなたの強力なポジションにより、ディーラーの戦略的プレイの選択肢が制限されるからです。

ベストなシナリオ3

ディーラーのアップカードから2から6で低く、自分がハード9の場合:

ハードハンドとは、エースがない手のことです。

したがって、ディーラーのアップカードが2から6の場合、自分のカードの合計が9の場合は常にダブルダウンする必要があります。
このように、4+5のハンドは、その後のディールの勝つ確率を高めることで、ベットの損失を減らします。

注意点&まとめ

最後に、ブラックジャックでダブルダウン戦略を使用する場合は、以下の点にも注意してください。

  1. ダブルダウンは、最初の2枚のカードのディールの後にのみ実行できます。したがって、最初のラウンドの後に別の戦略でプレイすると、次のターンのディールでのダブルダウンのチャンスは無くなります。
  2. スプリットやダブルダウンができるのは、最初のディールで適切なカードのペアがあったときだけです。例えば、ディーラーの2のアップカードに対して7をスプリットすることは論理的に可能です。統計的には、賭け金の倍額を獲得できる可能性が非常に高くなります。ただしソフト17ルールのブラックジャックでは,この戦略を使うことはできません。
  3. 最後に、ソフト17のルールであるHit on soft 17 (H17)を採用しているブラックジャックでは、常に11をダブルダウンしてください。またディーラーのアップカードの値に関わらず、手札の11をダブルダウンすることができます。

では、常に11でダブルダウンすべきなのでしょうか?

必ずしもそうではありません。

ブラックジャックのルールは、カジノによって異なります。

そのためゲーム戦略を決めてしまう前に、必ずそのゲームのルールをよく理解するようにしましょう。