Skip to content

【パチスロって何?】パチスロ徹底解剖!

パチスロを徹底解説

鍵を使わずにパチスロ台を開ける方法

パチスロ台の鍵を失くしてしまうのはよくある問題です。

鍵なしでパチスロ台を開ける方法はたくさんありますが、最も早く効果的なのは以下のやり方です。

右側の3分の1が縁にかかるように、パチスロ台の左側を傾けてスライドさせます。

台の右下にある楕円形の穴を探します。

その穴に人差し指を入れて、本体前面にある掛け金を探します。

掛け金を上げるとドアが開きます。機種によっては掛け金を下げるものもあります。

これで、鍵なしでパチスロ台を開けることができました。

パチスロの遊び方

パチスロは簡単にプレイできます。

販売元から提供された鍵で、パチスロ台のドアを解錠します。

電源ケーブルをコンセントに差し込みます。

ホッパーにメダルを入れます(500枚以上あれば大丈夫です)。コイン不要機を使用する台にはメダルは入れません。

電源を入れる前に、ホッパーがきちんと奥まで差し込まれていることを確認します。台の電源を入れ、ドアを閉めます。

台の右側にある投入口にメダルを入れます。各スピンには最低3枚のメダルが必要です。

リールの左側にあるランプが点灯したら、レバーを下げるかハンドルを押してリールを回します。

3つのストップボタンを押して、それぞれのリールを止めます。1番目のボタンは第1リール、 2番目のボタンは第2リール、 3番目のボタンは第3リールに対応します。

ボーナスゲーム – ボーナスラウンドに入るとたくさんのメダルが払い出されます。実際に払い出されるメダルの数は、大当たりの設定によって違います。メダルは50枚までしか入らないので、それ以上のメダルは下皿に払い出されます。

下皿を空にする – 下皿が満杯になったら、メダルをドル箱に移します。

出玉の払い出し – ゲーム終了後は払い出しボタンを押して、台に残っているメダルを払い出します。

メダルを数える – 呼び出しボタンを押してスタッフを呼びます。スタッフがメダルを数え、その総数を記載したレシートを発行します。

景品との交換 – レシートを持って交換カウンターに行き、お菓子や電子機器、化粧品などの景品と交換します。

パチスロとは?

パチスロはスロットマシンに相当するものですが、法律でギャンブルが禁止されているため、コインではなくメダルを使います。

カウンターでメダルを現金以外の景品と交換します。

スロットはリールが自動的に止まりますが、パチスロは自分でリールを止めるため、技術を必要とします。

パロットとは?

パロットはパチンコをもとに考案された日本独自のスロットゲームで、コインではなくパチンコ玉を使います。

従来のスロットと同様、3つのリールにさまざまな図柄が描かれています。

パロットはスキルストップマシンなので、ストップボタンを押して高速で回転するリールを止めなければなりません。

全国のパチンコ店で定期的に大会や選手権が開催されています。

パチンコやパチスロと同様、 パロットでも現金ではなく景品交換用の出玉が払い出されます。

パロットの遊び方はとても簡単です。

パチンコ玉を投入口に入れます。1度に入れられる玉の数は50個までです。

ボタンを押すかレバーを引くと、リールが勢いよく回り始めます。

ストップボタンを押してリールを止めます。

同じ図柄が揃うと当たりです。大当たりでは大金を手に入れることができます。

以下のような一般的なヒントや戦略、コツを実践してみましょう。

  • 台の種類を賢く選ぶ – 初心者は必ずAタイプの台を選びます。中級者はA+ARTタイプに挑戦してみても良いでしょう。ナビゲーションシステムを使う場合は、ART+ATタイプが勝ちやすいです。
  • 何度も練習する – 自分で台を購入したり、オンラインでの練習もできます。
  • 自分に合った設定を選ぶ
  • 自分の決めた予算を守る
  • 大当たりが小額に設定されているものを選ぶ

スキルストップマシンとは?

スキルストップマシンは、自分でストップボタンを押してリールの回転を止めるスロットマシンです。

リールを止めるスピードとタイミングで技量が試されます。パロットとパチスロは最も有名なスキルストップマシンです。ビデオスロットや従来のスロットマシンにも、スキルストップの機能を追加することができます。

こちらの記事もチェック!

パチンコ台やパチンコ玉について徹底解説!