Skip to content

日本のカジノ!日本カジノの現状を徹底解説!

日本のカジノ!日本カジノの現状を徹底解説!

日本にはカジノがある?

現在、日本で合法的に運営されているカジノはありません。

オンラインカジノと施設型カジノを含む、ほとんどのギャンブルが禁止されています。

その代わり、海外のカジノとは異なる形のギャンブル場が約2万件あります。

日本でできる合法なギャンブル

日本で合法的にプレイ可能なギャンブルを紹介していきます。

主に5種類のスポーツに対して合法的に賭けることができます。

  • サッカー(toto)
  • 競輪
  • ボートレース(競艇)
  • 競馬
  • オートレース

また、市や県が年間を通じて運営する宝くじもあります。

宝くじは100円~500円で購入でき、1等の賞金は1億円です。

宝くじには次のような種類があります。

  • スクラッチカード
  • 数字選択式宝くじ
  • ジャンボ宝くじ

国内にある合法的なギャンブル場のほとんどはパチンコ店です。パチンコはピンボールを模したスロットマシンです。ただし、獲得できる報酬は現金ではなく景品です。

東京にはカジノがある?

東京にカジノはありませんが、2018年以降、東京・横浜・大阪で統合型カジノリゾートの開設が計画されています。

統合型リゾート事業者を管理・監督するため、日本政府は2020年にカジノ管理委員会を設立しました。

日本には何件のカジノがある?

現時点で日本国内にカジノはありませんが、2018年に国会がカジノの設立を正式に認める法案を可決し、大阪・横浜・東京の3都市が統合型カジノリゾートを開設することになりました。

何歳からカジノに行ける?

カジノやギャンブルを合法的に行えるのは20歳からです。

唯一の例外として、パチンコ店は18歳から利用できます。

ただし、18歳以上であっても高校生の入店や遊戯はできません。

日本にはいつカジノができる?

現時点で国内に合法的なカジノはありませんが、東京・横浜・大阪の3都市で統合型カジノリゾートの開設が計画されています。

しかし、ヤクザが国内で違法なカジノを運営しているという噂もあります。国内のギャンブラーを対象としたモバイルギャンブルサイトも存在します。

統合型リゾート(IR)とは?

統合型リゾート(IR)の一形態として、施設内にカジノを併設することができるようになりました。

政府は2018年7月の法案成立後、日本国内に3つのIRカジノを設立することで合意しました。
ギャンブル依存症対策として、カジノホテルリゾートでは日本人客の入場料は6000円、入場回数は週3回・月10回までとなっています。

MGM Resortsなど多くの世界的カジノリゾート企業が、日本でのIR設立に関心を示しています。

 

下記の記事では、なぜカジノが日本で禁止されているかについて深堀り解説しています。

なぜ日本でギャンブルが禁止なのかを徹底解説!

興味のある方はぜひチェックしてみてください。