Skip to content

パチンコの起源は日本?それとも韓国?徹底考察

パチンコは日本のか韓国のか

よくお隣の韓国と物事の発祥について討論されがちですが、パチンコの発祥はどちらなのかということが気になる方もいる方と思います。

そんな方に向けてパチンコの発祥について徹底解説していきます。

パチンコは日本のものか韓国のものか?

パチンコは日本発祥なので、日本のゲームです。

カジノによくあるスロットマシンとピンボールを組み合わせたもので、盤に打ち付けられたピンに沿って玉を落としていく縦型ピンボールゲームです。

パチンコ店には色鮮やかで派手な機械が何台も並んでおり、地元の人々や観光客の間で人気を博しています。

日本中の街やホール、ビルにパチンコ店があるので、遠方の県でも東京のような大都市でも、誰もが楽しむことができます。

よく韓国発祥のものだと誤解されていますが、それはなぜでしょうか?

歴史的には、パチンコは韓国系移民や韓国系日本人と関係があります。

そのため、一定の方が、韓国発祥であると勘違いし始めてしまったと思われます。

特に、1910年~1945年の韓国併合後はその傾向が顕著です。

パチンコは映画化されている?

パチンコは映画化されていません。

おそらく、2021年にApple TVで配信された韓国のドラマシリーズから誤解が生じているのかもしれません。

ゲームと同じ「パチンコ」という題名がついています。

コ・ハンス役のイ・ミンホ、ナオミ役の澤井杏奈、ギョンヒ役のチョン・ウンチェ、ソロモン・ベク役のジン・ハが出演しているヒットシリーズです。

最近の報道によると、 スー・ヒューがこのドラマシリーズのエグゼクティブ・プロデューサー、脚本家、ショーランナーを務めています。

本作の共同エグゼグティブ・プロデューサーでもある韓国のミン・ジン・リーの歴史小説が原作となっています。

パチンコには不正がある?

人によって違う答えが返ってきます。

熟練のプレイヤーは、パチンコには不正があると答えます。

ほとんどの人はパチンコで勝つよりも負ける方が多いのですが、これには明確な理由があります。

パチンコ台に不正があるように見えるのは、勝率が店側に有利になるように設定されているためです。

その勝率によってハウスアドバンテージやハウスエッジが決まります。

オンラインカジノや施設型カジノのスロットマシンでも同じことが言えます。

このようなゲームには、0.5%~40%のハウスエッジがあります。

つまり、ハウスエッジ10%のゲームに1万円を賭けた場合、理論上は9000円が返ってくることになります。

残りの1000円はハウス(ここではカジノやパチンコ店)の利益となります。

パチンコ台に不正はないと言う人もいるかもしれませんが(特に店のオーナー)、技術的にはその通りです。

パチンコ台には実際に勝てる可能性を残してありますが、常に店側の方がプレイヤーより少し有利になるようにできています。

パチンコの定義は?

パチンコは縦型ピンボールゲームとスロットマシンの自動払い出し機能を併せ持つゲーム機です。

パチンコの語源は?

「パチンコ」という言葉の語源は金属がぶつかる音の「パチン」と、 接尾辞の「コ」です。

この2つを組み合わせることで、パチパチと音を立てるゲームをうまく表現する言葉が作られました。

パチンコ台には何個の玉が入っている?の記事もチェック!

パチンコの発祥についてまとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、パチンコの発祥は日本であるか韓国であるかについて解説しました。

日本人が、パチンコは韓国発祥だと思っているケースは少ないかと思いますが、一定の方が韓国発祥であると勘違いしてしまっているかと思うので、パチンコの歴史的な背景を踏まえて解説してきました。

下記の記事では、1ぱちや4ぱちなどがあることで知られるパチンコの一発の貸出料について、深堀り解説しています。

ぜひこちらも併せてチェックしてください。

パチンコ玉の値段はいくらなのか?パチンコについて徹底解説