Skip to content

【カジノ初心者必見】カジノで必要な最適な軍資金はいくらか徹底解説!

【カジノ初心者必見】カジノで必要な最適な軍資金はいくらか徹底解説!

カジノにはどのくらいのお金を持っていくべき?

カジノにいくら持っていくべきかは、あなたのギャンブルのレベルとスタイルによります。楽しむことを目的としたカジュアルプレイヤーであれば、約$50以上のお金をカジノに持っていくべきでしょう。しかし、大勝ちしたいと思っているハイローラーの場合は、最低でも$300-$500をカジノに持っていくようにしましょう。

もし中級者であれば、最低でも$100-$300をカジノに持っていくべきです。$500あれば、ミディアムリミットのブラックジャック、バカラ、クラップスなどのテーブルで、金欠の心配をせずに何時間もプレイできるでしょう。

カジノに持っていくお金はどれくらい?

カジノに持って行きたい金額は、カジュアルプレーヤー、中級ギャンブラー、ハイローラーのいずれかに応じて、最低でも$50から$300程度です。また、プレイするゲームの種類によっても、カジノに持っていくべき金額は変わってきます。例えば、ほとんどのカジノでは、ブラックジャックの最小ベット額は約$5なので、ブラックジャックを20ハンドするためには、最低でも$100を用意する必要があります。

一方、ペニースロットをプレイする場合は、$50以下のお金を持っていけば問題ありません。一般的に、カードゲームのプレイヤーは、各ハンドやラウンドの最低ベット額が高いため、より多くのお金を持っていく必要があります。

カジノでやってはいけないことは?

カジノには、その施設内で行ってはいけないことのルールが定められています。ここでは、ランドベースのカジノでやってはいけない最も一般的なことをご紹介します。

短気になったり、過剰に反応する

カジノは、楽しくてフレンドリーに遊べる場所であると思います。だからこそ、プレイ中に過剰反応したり、短気になったり、ディーラーやカジノスタッフ、他のプレイヤーと口論したりしてはいけません。

負けた場合でも、冷静さを保ち、相手を尊重した態度で話をすることが大切です。そうすることで、自分にとっても他の人にとっても、カジノは楽しく安全な場所となります。

ウェイター、バレットパーカー、ディーラーにチップを払わない

ディーラー、ウェイター、係員など、お客様に良いサービスを提供してくれたカジノ従業員にチップを渡すことは、カジノでの重要なエチケットのひとつです。特にウェイターやディーラーは最低賃金で働いているため、生活費を稼ぐためにはチップが必要です。チップは必須ではありませんが、カジノで良い勝ち方をしたときにはチップを渡すことを検討してみてください。

チップの取り違え

チップを置く際には、毎回ディーラーに助けを求めましょう。他のプレイヤーのチップに触れてはいけません。また、ブラックジャックのハンドやルーレットのホイールスピン中にチップを取り除いたり、動かしたりしてはいけません。

お酒の飲み過ぎ

プレイヤーに無料のドリンクを提供することは、カジノがプレイヤーを操る最大の心理戦術のひとつです。カジノでビールやウイスキー、ワインなどを楽しむつもりなら、適度に飲むべきです。

お酒を飲みすぎると、判断力が鈍るだけでなく、無謀な賭けをしてしまう可能性があります。さらに、カジノは乱暴な酔っぱらいを追放することで知られていますので、酔っぱらって乱暴になった場合には、警備員によって施設からの退場を求められる場合があります。

カジノのドレスコードやエチケットに従わない

カジノには様々なドレスポリシーがあります。ハワイアンシャツとサンダルでもOKなところもありますが、大半はそれをすると追放されます。どのカジノを訪れるかにもよりますが、スマートカジュアルなパンツ、シャツ、フォーマルな靴を着用してください。上半身裸になると、間違いなく退場を求められます。スニーカーを履くのも同様です。

携帯電話で大声で話す

カジノテーブルに座ってプレイするときは、携帯電話の電源を切るのが一般的な礼儀です。大声で携帯電話を話すと、他のプレイヤーの気が散ってしまいます。ほとんどのカジノでは、ディーラーやカジノピットが、プレイ中は携帯電話の電源を切るように、あるいは外やトイレに行って電話に出るようにお願いしています。

自撮りをする

自撮りは、マカオ、モンテカルロ、バハマ、ラスベガスなどのギャンブル地を訪れた際に、ほとんどの観光客が行っている人気の習慣です。
しかし、カジノに入場する際には、自撮り棒をホテルの部屋に置いておくか、バッグの中に入れておく必要があります。
セキュリティ担当者は、ブラックジャック、バカラ、ルーレットのテーブルで写真や自撮りをしないように求めてきます。

未成年者をギャンブルフロアに連れてくる

ほとんどの国では、ギャンブルができる年齢は18歳です。
しかし、ネバダ州(ラスベガス)、ニュージャージー州(アトランティックシティ)、カリフォルニア州など、アメリカのほとんどの州では、21歳以上でなければギャンブルをすることができません。


このルールに例外はありません。
つまり、未成年者をカジノに、少なくともギャンブルフロアには絶対に連れて行ってはいけないということでもあります。
スロットをしているときに子供を側に座らせていると、警備員が近づいてきて、あなたと子供をカジノの外に連れ出すでしょう。

禁煙ゾーンでの喫煙

すべてのカジノには喫煙フロアと禁煙フロアがあります。このルールを尊重する必要があります。喫煙者の方は、喫煙可能なテーブルやスロットのエリアを探してください。カジノ内には、専用の喫煙ゾーンもたくさんあります。

ハンドやラウンドの途中でテーブルに参加する

ブラックジャックのハンド、ルーレットのスピン、クラップスのラウンド、バカラのハンドが終了するまで待ってからテーブルに参加するのが一般的なエチケットです。
ゲームの途中で参加すると、ディーラーの気を散らすだけでなく、他のプレイヤーを混乱させることになります。

他のプレイヤーの戦略について語る

ブラックジャック、ルーレット、ビデオポーカー、ポーカーの場合、すべてのプレイヤーが自分の好みのベッティング戦略を持っています。
他のプレイヤーの戦略やカードについては、絶対に話してはいけません。
相手の気を散らしてしまい、相手が賭け金を失う可能性に繋がります。

ゲームのルールを理解していない

どのカジノゲームも、マスターするためには少しの練習と学習が必要です。カジノに行く前に、自宅やオンラインでじっくりと練習しておくべきです。ディーラーや他のプレイヤーに簡単な戦略やゲームの遊び方を聞き続けるのは、とても気が散りますし、迷惑なことです。短時間のレッスンを受けることで、他に迷惑をかけないようにしましょう。