Skip to content

How does iWallet work?(アイウォレット)の仕組みは? 送金システムの仕組みをわかりやすく解説

How does iWallet work

iWalletでできること

iWalletはアジア諸国向けに開発されたオンライン決済サービスですが、現在では世界中のユーザーが利用しています。以下の方法で現金の取引ができます。

  1. サービスのウェブページから
  2. 本人確認手続きを完了した後は、プリペイド式デビットカードでの決済が可能

iWalletは以下の場所で利用することができます。

  • 銀行
  • 小売店
  • ホテル・リゾート
  • カジノ: 施設型のカジノとオンラインカジノの両方で利用可能
  • ウォーターパークや映画館などのエンターテインメント施設

iWalletは、香港とアメリカを除く世界のほとんどの地域で利用できます。
iWalletには以下のような特徴があります。

現在の運営状況

本社は香港で登記されています。利用者の増加に伴い、以下の国々にもオフィスを構えるようになりました。

  1. フィリピン
  2. ヨーロッパ

iWalletサービスの特徴

iWalletは、以下の要素で多くのユーザーを惹き付けています。

口座開設費・年会費が無料

iWallet口座の開設費・維持費は無料で、手数料も入金額に関わらず無料です。

口座開設費・年会費が無料

ユーザープロファイル

iWalletは個人でも法人でも利用することができ、どちらの口座にも独自の機能があります。口座を開設する前に、それぞれの要件を確認して下さい。

プリペイドデビットカード

iWalletプリペイドデビットカードを使って世界中のサービス加盟店で買い物ができるほか、同ブランドに対応している100万台以上のATMからの引き出しが可能です。

ただし、カードを申請するには、口座開設後にKYCプロセスを完了する必要があります。

また、カードの利用には手数料がかかる場合があります。

  • 5ドル以上の取引の場合、1.7%の手数料
  • ATM引き出し手数料など、銀行が請求する手数料

複数の通貨に対応

iWalletの基本通貨は米ドルなので、取引にかかる料金はすべて同社の現在の為替レートに基づいて計算されます。

以下の通貨での入出金にも対応しています。

  • フィリピン・ペソ
  • 日本円
  • タイ・バーツ
  • シンガポール・ドル
  • 中国人民元
  • 香港ドル
  • マレーシア・リンギット
  • インド・ルピー
  • ベトナム・ドン
  • ユーロ

複数の言語に対応

iWallet口座のインターフェースは以下の言語で利用できます。

  • 英語
  • 日本語
  • 中国語
  • インドネシア語
  • 台湾語

取引時間が早い

iWalletの取引にかかる時間は、他のEウォレットプロバイダーと比べると早いです。以下はその処理時間の内訳です。

  • カードによる入金は即座に反映され、すぐに使用できるようになります。
  • 国内の銀行送金は、アジアでは地域によって異なりますが、24~48時間かかります。同社は他の金融機関と提携し、取引時間の短縮を図っています。
  • 国際送金は口座に反映されるまでに最も時間がかかります。通常、国際送金で受け取ったお金を使えるようになるまでに3~5日かかります。

カスタマーサポート

iWalletは多くのユーザーを抱えているにも関わらず、カスタマーサポートが整っていません。メールのみの対応ですが、24時間以内にサポートスタッフが返信します。
iWalletのユーザーインターフェースはシンプルなので、利用中に問題が発生することはめったにありません。

また、よくある質問やオンラインフォーラムも用意されています。

口座に関するその他の情報

ここからは、iWalletの仕組みについてさらに詳しくご紹介します。

  • 外部の口座とは、最大5万ドルまでの取引が可能です。
  • 口座を180日以上使用していない場合は、20ドルの休眠手数料が加算されます。
  • ご利用の口座によって異なりますが、iWalletの使用時に手数料が加算されることがあります。取引を始める前に、必ず料金を確認して下さい。
  • また、すべてのオプションを利用できるようにするには、本人確認のために以下の書類を提出する必要があります。
    1. 写真付き身分証明書のコピー
    2. 現住所を証明する書類のコピー(いずれも発行から90日以内のものに限り有効)

iWalletの安全性

iWalletが最も安全なオンライン決済サービスであることを誇る理由は以下の通りです。

  • ユーザーから提供された個人情報と社内データの両方のセキュリティを最先端の技術で確保し、ライセンス機関に求められる情報セキュリティの最低要件を常に向上させています。
  • 厳格なプライバシーポリシーを定めており、現行の国際基準を満たしているかどうかを定期的に見直しています。ポリシー文書はiWalletのウェブサイトに掲載されています。
  • 口座を開設する前に、ガイドラインを読んで同意することは必須です。
  • 地域や現地通貨に関係なくほとんどの金融機関で利用でき、同様のユーザー保護レベルのもとで運営されています。

iWallet入出金ガイド

iWallet個人口座の入出金について簡単に説明します。
ここでは、記事執筆時点での正確な情報を記しています。

無料サービス

  1. 個人口座、法人口座のいずれかを開設
  2. 国際銀行送金でiWallet口座に入金する
  3. 法人口座と個人口座間での振替
  4. 毎月の口座メンテナンス

有料サービス

  • 個人間送金: 手数料0.5%
  • 国際銀行送金によるiWalletからの引き出し: 手数料0.5%
  • 口座からプリペイドデビットカードへの入金: 手数料1.75%
  • 口座が180日間使用されていない: 休眠手数料20ドル
  • 送金のキャンセル: キャンセル料50ドル
  • クレジットカードでiWallet口座に入金: チャージバック手数料50ドル(ハイリスク警告料として別途10ドル)
  • iWallet内の外国為替レートに基づく為替換算
  • iWalletサービスの利用停止: 口座閉鎖手数料5ドル

iWalletはどこで使える?

iWalletは以下のサービスに対応しています。

オンラインショッピング

iWalletの使い勝手の良さと世界的な知名度の高さから、iWalletでの支払いに対応するオンラインショップが増えています。

オンラインギャンブル

iWalletは、以下の国のオンラインギャンブラーの間で人気の決済サービスです。

  1. 日本
  2. 中国
  3. マレーシア

これらの国はオンラインギャンブルに対する法律が厳しく、自国民は利用できないため、ギャンブラー達はどうにかしてオンラインギャンブルに参加しようと考えています。

そのニーズに応えるユーザーインターフェースやiWalletのような決済手段を提供する企業が多くなっています。

施設型サービス

iWalletプリペイドデビットカードは世界100万台以上の決済端末に対応しており、ユーロを含む12種類の通貨で現地のATMから引き出すことができます。

ただし、香港とアメリカでは、現地の金融機関がiWalletでの決済を認めていないため、使用することはできません。