Skip to content

How do people get caught counting?カードカウンティングがバレる理由は?カードカウンティングを上手くやるコツも大公開!

How do people get caught counting?

カードカウンティングはなぜバレる?

CCTVカメラですべてのテーブルゲームを監視しているので、カードカウンティングをしている人がいればすぐにバレて見つかります。

監視室にいる警備員はすべてのテーブルに目を配り、 すべてのテーブルに目を配り、カードカウンターの痕跡を探しています。

そのため、常に大勝ちしていたり、賭け金を増やしたときに大勝ちしているプレイヤーは、セキュリティから目を付けられることになるのです。

最近のカジノでは、カウントとあまりにも一致したベッティングパターンを検出できる最先端の技術に投資しています。

このようなカジノのカードカウンティングはプロのプレイヤーよりも早く、普段からアドバンテージプレイに近い戦略を取っている人には目を光らせています。

ベッティングデータを監視室に送るスマートチップなど、テーブルテクノロジーはその最先端を行っています。

バレないようにカードカウンティングをするには?

カードカウンティングでバレないためには、完璧な戦略と優れた防御のバランスを取ることが大切です。

カジノで不適切な態度を取っていれば、数時間も経たずに警備員に捕まり、二度と来るなと言われて追い出されるかもしれません。

このような事態を避けるためには、監視カメラやスタッフには、運試しをしているだけの普通の客を装わなければなりません。

そのためにできる工夫がいくつかあります・・・

  1. 自分が有利になるような戦略ばかり使わないようにしましょう。時には、カードカウンティングをやっていないことをカジノ側に示すことも大切です。背後に気配を感じたら、疑われないようにハイカウントで低額の賭けをします。
  2. 張ってはいけません。カウントが高いときは、1時間で一気に稼いで帰ろうと考えがちですが、その戦略は見破られやすいです。狭いベットスプレッドで賢くプレイしていれば、見つからずに済む可能性が高いです。
  3. 当然のことですが、目立たないように気を付けましょう。カジノ側は必ずと言っていいほどハッタリをかましてくるので、それを誘うようなことはしないで下さい。つまり、カウントは頭の中に留めておき、自分が勝っていることをアピールしてはならないということです。
  4. ディーラーにはチップを渡しましょう。ディーラーは、プレイヤーがどのような行動を取るかを把握していれば、カメラよりもはるかに早くセキュリティを呼び出すことができます。全員がカードカウンティングの訓練を受けているわけではありませんが、中にはそれを見越している人もいます。

カードカウンティングが見つかったらどうなる?

カードカウンティングをして見つかってしまったらどうなるのかをチェックしていきましょう。

カジノは、プレイヤー側が有利になる高度な戦術を使わずにブラックジャックをプレイしてもらうため、

「熟練した」プレイヤーにこのような方法を使わせないようにします。

本質的にハウスを不利にしているものを見つけて阻止するだけでなく、 カードカウンターの疑いがある人がエッジを逃がせないようにしたいと考えているのです。

カードカウンティングは法律違反ではないので、罰金を払ったり訴訟を起こされたりすることはありません。

しかし、カジノ側は客に提供するサービスの規制・改正に関する多くの権利を有しています。

  1. カジノは、プレイヤーがライブテーブルでブラックジャックをプレイしているのを止めることができます。
  2. ルーレットやポーカーなどのライブテーブルゲームでも同様です。
  3. プレイヤーがそのカジノでプレイするだけでなく、出入り禁止にすることもできます。
  4. プレイヤーの個人情報がアドバンテージプレイヤーのデータベースに登録されていれば、他のカジノからも入場を拒否されることがあります。
  5. カジノはカードカウンターが有利な状況にならないように、さらなる制限を課すこともあります。このような制限では一定の額しか賭けられないことが多いので、優位に立っているプレイヤーでも利益を得ることはほぼ不可能です。

カードカウンティングで捕まったらどうなる?

カウンティングをしてバレて監視員に捕まってしまった場合どうようになるのか説明していきます。

まず、監視カメラは次々と勝利を収めているプレイヤーがいることに気付きます。

アドバンテージプレイが行われていることを確信すると、監視員がテーブルの近くに来てゲームを観察します。

しばらくすると監視員が身分証明書の提示を求めます。

大抵のプレイヤーはその際に言い訳をしますが、本人確認の後、監視員はそのプレイヤーの行動を監視していたことを伝え、今後のカジノ利用に罰則や制限を課します。