Skip to content

ルーレットに八百長?カジノのルーレットで不正行為ができるか完全検証!

ルーレットに八百長?カジノのルーレットで不正行為ができるか完全検証!

ルーレットのディーラーは不正をする?

ルーレットのディーラーは不正をすることがあります。

しかし、監視技術の進歩とギャンブル規制の強化により、現在では不正はほぼ不可能となっています。

それでも、ディーラーは以下のような手口でプレイヤーを騙そうとします。

ホイールの不正操作

ホイールの不正操作は、ゲームをカジノ側に有利に進める方法として最もよく行われます。

この方法は、機器メーカーやカジノからの提案も取り入れています。

ホイールの不正操作には以下のような例があります。

  • 意図的なポケットを摩耗させる
  • ボールの軌道変更
  • 意図的にローターホイールを揺らす
  • ローターボウルを傾ける

どの方法でも、各ラウンドでの結果は予測可能です。

ただし、新しい規制と監視技術の進歩により、今ではディーラーがこの方法をうまく実行することはほぼ不可能です。

磁気ボール

ディーラーは各スピンで磁気ボールを使います。

ポケットに取り付けられた電磁石を操作して、最も低い賭け金のポケットにボールを入れます。

その結果の損失によって、カジノは利益を得ることができるのです。

ライブフィードの改竄

これは違法なオンラインカジノでよく見られる不正で、あらかじめ録画した映像をゲーム中に再生するというものです。

スピンが終了すると、フィードを短時間中断した後、ライブセッションに切り替えます。

プレイヤーはインターネット接続の問題だと考えることが多いですが、調査の結果、カジノ側が利益を増やすために意図的に行っているものであることが判明しました。

プレイヤーとの結託

ディーラーはプレイヤーの1人と密約を結び、他のプレイヤーから詐取します。これには以下のどちらかが含まれます。

  • ディーラーは、共犯者が後から賭けたのを見逃すふりをしながら、それを受け入れる。
  • 他のプレイヤーの後張り。共犯者が勝った後にディーラーがチップをこっそり追加し、後で分け合うために配当が増えるようにする。

ルーレットのディーラーはボールをコントロールできる?

ディーラーは、以下の方法でボールの動きをコントロールしています。

ルーレットのディーラーはボールをコントロールできる?

磁石と金属製のボール

ディーラーは、ルーレットを回す際に金属製のボールを使用します。

磁石を使ってボールの動きを変えたり、ボールが止まる位置を決めたりすることもできます。

テーブルの中に磁石を隠したり、手持ちの磁石を使ってボールの動きをコントロールすることもあります。

スピンする度に、磁気の力でディーラーに良い結果がもたらされます。

体で覚える

ディーラーは、ゲームの中でさまざまなスピンテクニックを覚えていくことで、ボールが最終的にどこで止まるかをほぼ正確に判断することができるようになります。

毎回のスピン前にボールを特定の場所に置いて、望んだ結果を得られるようにローターの回転速度を変えます。

カジノはルーレットのテーブルを管理している?

現行のギャンブル規制では、カジノがルーレットテーブルを管理することはできません。

調査によって違反が発覚した場合は、営業許可の剥奪や違反者の刑罰など、厳しい処分が下されます。

ギャンブル当局による抜き打ち監査と常時監視が行われているため、カジノがこのような不正を行うことは不可能です。

カジノでは、ルーレットの結果が毎回ランダムになるように、さまざまな方法を使用しています。

ボールが10回以上連続して赤に落ちた場合、カジノは回転ホイールの動作メカニズムが変わっていないかどうかを検査します。

また、最近のルーレットテーブルは、カジノ側の不正操作ができないような設計がなされています。

また、事業者自身が無断で機械を修理すると、自動的にメーカー保証を失います。

カジノではルーレットに磁石を使う?

カジノのルーレットには磁石が使われていることがありますが、現在ではギャンブル当局の規制や罰則により、このような行為は減少傾向にあります。

カジノは常連客を頼りにビジネスを展開しているため、その客からの信頼を少しでも失えば大きな損失を被ることになります。

カジノのルーレットでは、磁石は以下のように使われます。

  1. 磁極を外側に向けた磁気ボールを使います。
  2. 各ポケットに電磁石を取り付け、それを作動させてボールをはじくなどして、プレイヤーが大勝ちできないようにします。
  3. 磁石は遠隔操作したり、ディーラー専用の隠しスイッチを使って動かしたりします。

ほとんど行われない方法ですが、ボールの動きをよく見ると、磁石が使われているかどうかが分かります。

例えば、なかなかボールが入らないポケットがある場合は、ルーレットテーブルの不正操作である可能性があります。

さらに、最近のルーレットテーブルには追加機器を検出するための改造防止技術が採用されています。

ルーレットでのプレイヤーの不正行為

ハウス側があらゆる手を尽くして不正行為を防ごうとしても、自分に有利なようにゲームを進めるプレイヤーは後を絶ちません。

ルーレットでのプレイヤーの不正行為

ルーレットで大勝ちするためによく使われるのは以下の方法です。

後張り

手品のような方法ですが、これを成功させるためには高速な手さばきが必要です。

これは、スピン中にチップをこっそり追加して、賞金額を増やそうとするものです。

通常、全員がテーブルでなく回転するホイールを見ている隙に行われます。

多くのカジノでは、このような不正を防ぐために隠しカメラや監視員を配備しています。

例えば、ルーレットテーブルで不審な行動を取ると、セキュリティスタッフに目を付けられます。

ディーラーとの結託その1

ディーラーと結託して、以下の方法で他のプレイヤーを騙すこともあります。

  • ディーラーは、ハウスが不利になるように、プレイヤーに有利なチップを増やします。
  • 他のプレイヤーが見ていないときに賭けても、ディーラーはわざと見逃します。
  • 逆に、最も可能性の高い結果を予測して、その通りになるように巧妙なスピンを行うこともあります。

ディーラーとの結託その2

さらに高度な技術を用いてディーラーと結託して不正行為が行われることもあります。

ピンチング

ピンチングでは、プレイヤーはボールが止まった時点で負けたチップを回収し、ディーラーが結果を決定します。

しかし、これはディーラーとの事前の打ち合わせや巧みな手さばきがないとうまくいきません。現在のカジノは監視が厳しくなっており、有罪になった場合も厳しい罰則が科せられるため、この方法を実行することは非常に困難です。

電子ハッキング

物理学や数学の知識を使い、ボールがどこに止まるかを数式で予測する方法です。

これは以下のやり方で行われます。

  • まず、カメラとオシロスコープを使って、スピンごとのボールの速度を記録します。携帯型のレーザービームを使うこともあります。
  • 物理学や数学の知識を活かして、ボールがどこに止まるかを計算します。
  • その計算結果に基づいて、各ラウンドに複数の賭けをします。

この方法での勝率は44%ですが、複雑であることや、カジノの監視が厳しいことから、イカサマ師にはあまり好まれません。

リモコンボール

2000年代初頭、カジノの不正を調査した結果、オーストリアのルーレットで遠隔操作可能なボールを使って勝率を上げるイカサマ集団の存在が明らかになりました。

これは、ルーレットのボールを磁気ボールにすり替え、離れた場所から操作するというものです。リモコンを操作するのはプレイヤーではなく、集団の側近の1人であることが多いです。

現在のカジノは厳選された客のみが入場できるため、この方法の成功率はかなり低いです。具体的には、不正を防ぐために、各テーブルでプレイヤー以外の客の人数を厳しく制限しています。