Skip to content

カジノは八百長?カジノは不正行為をするのか徹底検証!

カジノは八百長?カジノは不正行為をするのか徹底検証!

カジノは不正をするか

ギャンブル当局はカジノのプレイヤーに対する不正行為を禁止しており、調査によってそのような行為が認められた場合は厳しい罰則が科せられます。
例えば、ネバダ州のゲーミング管理法は、施設型・オンラインを問わずあらゆる不正行為をクラスCの重罪としており、違反者は賠償金、1万ドル以下の罰金、禁固刑のいずれかで処罰されます。

カジノの不正行為を防ぐ方法は他にもたくさんあります。評判の良いカジノが不正をしない理由は以下の通りです。

ハウスエッジ

:ハウスエッジは、カジノがギャンブルから確実に得ることのできる収益率です。オンラインでも施設型でも、すべてのゲームに適用されます。例えば、タスマニアのギャンブル法では、カジノはどのゲームにも15%までのハウスエッジを設定できます。そのため、プレイヤーの勝ち負けに関係なく、カジノは利益を得ることができます。

会員プログラム

:カジノには、プレイヤーがギャンブルを続けられるように、特典付きの会員プログラムがあります。キャッシュボーナスとは、カジノ内ウォレットに入金された金額に応じて、カジノが追加の賭け金を支払うものです。これにより、 カジノでの滞在時間が長くなり、ハウスエッジからより多くの金額を得られるようになります。

不正行為はブランドの評判を落とす

:カジノは多額の投資をしてポジティブなブランドイメージを維持することで、より多くのプレイヤーを惹きつけています。プレイヤーの賭け金を増やすために、季節限定のジャックポットを設定することもあります。そのため、カジノは評判を損ねたり、プレイヤーを失ったりするような行為を嫌います。

厳格な運営条件

:ギャンブル当局が厳しい運営条件を設定しているため、カジノで不正が行われる可能性はほとんどありません。例えば、認可済みのオンラインカジノでは、定期的にソフトウェア監査が行われ、改竄されていないかどうかを確認しています。さらに、永久閉鎖やブラックリスト掲載などの厳しい罰則は、運営者の不正行為を防ぐのに役立ちます。

カジノの不正行為は許される?

カジノの不正行為が許されるなんてことはありません。
現地のギャンブル当局に認可されていないカジノは、営業許可の取り消しや違反した従業員の刑罰など、深刻な事態に直面することになります。
しかし、法律の抜け穴をかいくぐって、ギャンブルからの利益を最大化する運営者もいます。
カジノは、以下の方法でより多くの収益を確保しようとします。

勝率と確率

一般的なギャンブラーは勝率と確率を同じ意味で捉えていますが、カジノ用語では意味が違います。
勝率とは、1回のゲームラウンドで各プレイヤーの賭け金からカジノがどれだけ利益を得られるかを意味します。
逆に、確率は、1回のラウンドでプレイヤーが勝つチャンスの総数を指します。
カジノはプレイヤーの無知を利用して、より多くの利益を確保しようとするのです。
例えば、ヨーロピアンルーレットの1回のスピンで36人が異なる金額を賭けた場合、勝率は34:1、確率は1:37となります。
つまり、プレイヤーが勝っても負けても、賭けた総額の1:36がカジノに入ることが保証されているのです。

利用規約やハウスルールを守らないプレイヤー

ギャンブル規制では、カジノはプレイヤーがゲームを始める前に、利用規約や内部規則についてプレイヤーから同意を得ることが義務付けられています。しかし、ほとんどのプレイヤーは内容を正しく理解せずに同意するため、紛争が起きたときに運営者側がそれを逆手に取ってしまいます。

例えば、他人のクレジットカードを使った賭けが行われた場合、カジノ側にはその獲得賞金を保留する権利があります。その際、同意書を関連当局に提示して、プレイヤーの行為を検証します。

ゲームルールの変更

カジノでのゲームルールの変更は、プレイヤーの書面による同意がある場合に限り合法です。そのため、ゲームがカジノ側にとって有利になるように、ルールを簡単に変えることができてしまいます。

例えば、オンラインカジノの中には、ヨーロピアンルーレットのように1つの数字ではなく、3つの緑の数字がある「サンズルーレット」を提供しているところがあります。これでは勝つ確率が非常に低くなります。しかも、カジノは変更に際してプレイヤーの同意を得ているので、損失を補償する責任を負うことはできません。

フリードリンク

カジノでは、特にポーカーなどの高額ゲームで多くのアルコール飲料を提供しています。
また、ハイローラーは、毎回のラウンドごとに強い酒をどんどん飲めてしまいます。
酔っていると次々にお金を賭けるようになるため、結果としてカジノが得られる利益はさらに多くなります。

カジノの内装

カジノの収益は、各施設の入場者数によって決まります。
運営者はプレイヤーに時間を感じさせるものをあえて設置しないようにしているため、窓や時計のある施設は非常に珍しいです。

大げさなお祝い

プレイヤーの勝利を大げさに祝うことも、カジノが利益を最大化するために使う戦略の1つです。

お祝いを本物だと思う人もいるかもしれませんが、それは他のプレイヤーに「自分も大勝ちできる」という誤った期待を持たせるためのカジノの策略に過ぎません。さらに、負けることへの恐怖と、大金を手にすることへの幻想によって、プレイヤーは賭けを続けることができるのです。

補完的なサービス

カジノが運営を続けるためには、必ず資金が必要です。
そのため、カジノはプレイヤーから1円でも多くのお金を巻き上げるために、あらゆる手段を講じます。
ATMを設置してプレイヤーから追加料金を撤収することで、収益を補っているカジノもあります。
例えば、ATMからの1回の引き出しで、カジノは総額の7%以上を利益にすることができます。

カジノのクラップスでの不正行為

正規のカジノは、サービスを提供するにあたって、いかなる形の不正行為も容認しません。
また、そのような行為を未然に防いだり、罰したりするための厳格な仕組みがあります。
カジノはクラップスのテーブルで、以下のような不正対策を講じています。

  1. 各ゲームでは、シューターがプレイヤーの目の前で5つの同じサイコロを選びます。
  2. ゲームが始まる前に、ボックスマンが各サイコロのシリアルナンバーを記録します。
  3. 各ゲームは、テーブルについている人とカジノのハイテクセキュリティシステムによって監視されています。
  4. ボックスマンはサイコロがテーブルの外に転がり落ちる度に、サイコロのシリアルナンバーをしっかり確認します。
  5. プレイ中、理由を言わずに新しいサイコロを求めることもできます。

そのため、不正行為を心配せずに、スリル満点のゲームを楽しめます。

カジノのブラックジャックでの不正行為

カジノがブラックジャックで不正を行うことはありますが、この行為を禁じる法律はありません。
不正行為は施設型カジノでよく行われています。
ブラックジャックをプレイする際に、カジノ側の優位性を高めるために行われている方法には以下のものがあります。

    • 低い賞金額

:賞金額を低く設定するのはディーラーの常套手段です。そのため、ブラックジャックのセッション中は常に警戒していなければなりません。

    • 高速シャッフル

:ディーラーは通常より速くカードをシャッフルしてプレイヤーを混乱させ、賭けに負けたときのカジノ側の取り分を増やそうとします。

    • 選択的シャッフル

:ディーラーはゲームの途中でカードを再シャッフルして、プレイヤーが次のターンで良い手札を取れないようにします。プレイヤーが連勝しているときや、次のターンでデッキのカードが少なくなったときにも、ディーラーはこの戦略を使います。

このような被害に遭わないようにするには、不正の可能性がほとんどないオンラインゲームを利用します。

プレイヤーの不正行為

カジノ側がプレイヤーの不正対策を強化させているにも関わらず、不正を試みて失敗したという人の話は後を絶ちません。これまでに記録されている手口の例を以下に示します。

内部犯行

カジノでは、ゲームプレイ中にディーラーが不正行為に協力することがあります、
カジノの報告によると、この行為は主にテーブルゲーム、特にブラックジャックで行われているとのことです。
ディーラーは、共犯者に有利な手札を配るために偽のシャッフルをします。
ただし、カジノの従業員は採用時に徹底したバックグラウンドチェックとポリグラフテストを受けるため、このような不正行為を行うことは非常に困難です。

カードカウンティング

カードカウンティングはブラックジャックの賞金を増やすもう1つの方法で、それぞれのカードに価値を割り当て、ディールごとにカウントしていくことです。

そして、 カウントの正確性に基づいて残りのカードの価値を推定し、それに応じて賭け金を調整します。

ただし、現在のカジノではこのような行為を取り締まるためにフロア全体を24時間体制で監視しており、この方法は極めて難しくなっています。ほとんどの連勝記録は、その有効性を判断するために徹底的に調査されます。そのため、このようにして利益を最大化することは退屈でしかありません。

偽造

カジノのイカサマ師は、賞金の価値を偽装するために偽のチップを使うことがあります。
チップのデザインを複製して、キャッシャーに目立たないように見せることで、正当な賞金を得ます。
現在のカジノではチップの認証に固有のRFID署名を使用し、複製ができないようになっています。

プレイヤー同士の共謀

他のプレイヤーと協力して、カジノゲームの賞金を最大化することもあります。
この方法では、共犯者と暗号でやり取りしながら、勝てる賭けのタイミングを計ります。
共犯者は、プレイヤーとしてゲームに参加することも、特定の場所から観客として見ていることもあります。
カジノでは、監視カメラやゲームフロアの検査員を配備するなどして、このような行為に対する対策を講じています。

トークンの引き抜き

スロットマシンのトークンに紐をつけておき、入金時にそれを引き抜く行為です。最近のスロットマシンには、プレイヤーが正当な入金をしたかどうかをチェックする機能が搭載されています。また、トークンを必要としないデジタル決済を採用しているスロットマシンもあります。

デジタルハッキング

近年のカジノではゲーム機器のセキュリティ対策として、デジタル技術を採用しています。イカサマ師はプログラミング技術を駆使して、機器に内蔵されたソフトウェアを危険に晒します。ただし、ゲーム開発者がハイエンドのハッキング防止ソフトウェアを使用しているため、この方法の効果は限定的です。

このハッキング方法には高度な技術レベルと多くの時間を必要とするため、ほとんどの人はやりたがりません。