Skip to content

【ブラックジャック必勝戦略】ブラックジャックハンド「16」はヒットすべきか徹底検証!

Should you hit 16

16はヒットするべき?

間違いなくブラックジャックは世界中で最も人気のあるカジノゲームですが、どのプレイヤーも、特にハード16があるときに、ヒットすべきかスタンドすべきかという長年の難問を抱えています。

ベーシックストラテジー 表大きな決断を下すには時間がかかるものですが、正しい情報を得ることで、公平にプレイし、成功のチャンスを増やすことができるのです。
ブラックジャックをプレイしているときに直面する最悪の状況の一つは、16を持っている一方でディーラーが7以上を持っている場合です。
ブラックジャックのルール表を見ると、ディーラーが7以上の場合は19でヒットと書かれています。
そのほか、サレンダーすることもできます。

しかし、もしあなたが勝ちたいのであれば、より良い方法でプレイしなければなりません。
詳しく説明しましょう。

 

3に対して12でヒットする?

プレイヤーの中には、3に対して12をヒットするたびにバーストしてしまうと言う人もいます。
そのため彼らはスタンドしてディーラーがバーストするのを待つ方を好みます。
この方法に困惑してしまうプレイヤーもいるでしょう。

多くのプロのプレイヤーたちが、特にブラックジャックのディーラーが弱いカードを持っているときには,自分のハンドをバーストさせるリスクを取るべきだと言っているからです。
しかしここでの大きな疑問は、3に対して12をヒットすべきかどうか?ということです。

その答えは、プレイヤーによって異なります。ある人は、3に対して12でスタンドするべきではないと言います。
なぜでしょうか?それには2つの大事な理由があります。

  1. つ目の理由は、プレイヤーが12をヒットしたとき、10を引いてしまうとバーストしてしまう可能性があるからです。
  2. つ目の理由は、13回のうち9回は、ドローに持っていける可能性があるからです。

実は、5~9などの5枚のカードは、16~21のパットハンドにできる可能性があります。
つまり、あなたを助けてくれるカードがあるのです。
それとは別に、ディーラーのバーストの確率は、想像しているほど大きくないかもしれません。
ディーラーが3を持っている場合、約37%の確率で勝つことができます。
4の場合は40%、5や6の場合は42%くらいになることもあります。
そのため3に対しては12でヒットできるのです。
ブラックジャックの基本的な戦略では、3に対して12を打つ方が少し有利になります。ただ、専門家の言葉を忘れないでください。”A little brother can hit his big brother.” (弟は兄に勝てる)。

16はヒットすべき?

ハンドが16の時にヒットすべきかは場合によります。ブラックジャックの基本戦略によれば、ディーラーが7から10のカードを持っていれば、16をヒットすることができます。
フェイスカードやエースに対してもヒットできます。ここでプレイヤーは、ディーラーが10を持っていて、自分のハンドをよくする必要があると考えるかもしれません。
バーストになることもありますが、ヒットしたほうがいいでしょう。

このような状況では、スタンドしてディーラーがバーストするのを待つ方が良いと考えるプレイヤーもいるかもしれません。16ではディーラーの20には勝てないと言う人もいるでしょう。
その通りです。


しかし、もしあなたがバーストしてしまったら、ディーラーに勝つことはできません。このような場合、約70%の確率で負けてしまいます。
そのロジックを理解しましょう。

16でヒットした場合、約25%の確率で勝つか、約6%の確率で引き分けとなります。あなたは全体の69パーセントで負けます。
つまり、16でヒットした場合の正味の損失は、44パーセント前後になります。
もしあなたが16でスタンドを選ぶ場合、

  • 0パーセントで引き分け
  • 約70パーセントで負け
  • 30パーセントで勝ち

となります。
ここでは、純損失は約41パーセントになります。そのため16でスタンドの場合は、損失を2パーセント減らすことができます。

16を持っている状況では、負ける可能性を頭に入れながら対応しなければならないでしょう。16は最もバーストに近いものです。その上、ほとんどのプレイヤーはそれを敬遠し、スタンドを選びます。しかし、あなたが優秀なプレイヤーであれば、チャンスをものにすべきです。

基本的なルールでは、16でヒットすべきです。

16でバーストする確率は?

実は16でバーストする確率を計算することができます。
しかし、16でバーストになる確率は、ディーラーにとっても同じです。
バーストの確率が不利な場合は、スタンドしてディーラーがバーストするのを待つべきです。
16でバーストする確率を知りたいプレイヤーがほとんどなのではないでしょうか?
プレイヤーが16のハンドを嫌うことは間違いありません。
バーストの確率は、ゲームに参加しているプレイヤーの総数によって変わりますが、確率を明らかにするのは非常に難しいことです。

16でのバースト

ブラックジャックの16という数字は、プレイヤーに恐怖心を与えます。
プレイヤーが16を持つとバーストになる可能性が高いため、通常はヒットすることを避けます。
プレイヤーの中には、取り乱してディーラーのフェイスカードを考えなくなり、スタンドを選ぶ人もいます。
また損失を下げるためにサレンダーするケースもあります。
8のペアで16があると、プレイヤーは2つのベットを同時に失うことを避けるために、カードをスプリットしないようにします。

ベーシックストラテジー 表2

 

16のハンドのときはどうしたらいい?

16は、エースがある場合もない場合も1つのハンドとして数えられます。
ブラックジャックの専門家の中には,ディーラーのフェイスカードが2から6の場合,プレイヤーはスタンドすべきだと言う人もいます。
ディーラーのフェイスカードが7から10の場合、プレイヤーはヒットしなければなりません。16は不運な手札と思われているため、この戦略は勝利を保証するものではありませんが、損失額を減らすことにはなるでしょう。

16を持っているときは、ブラックジャックの基本戦略を適用することをお勧めします。このルールでは、悪い手札での負けを少なくすることは、良い手札での勝負に勝つことと同じくらい重要であるとされています。例を見てみましょうあなたが9と7のカードを持っていたとします。一方、ディーラーは8を持っています。さて計算してみると、ヒットすると約70%の確率で負けてしまうことがわかります。


その結果、勝率は30%も下がってしまいます。スタンドを選ぶと、73%以上で負ける可能性があり、平均的な勝率は26%となります。ここでは、スタンドした方がゲームに勝つ確率が高くなります。30パーセントしか取れないときは、ディーラーの勝ちが70パーセントになります。しかし、定説通りの戦略に比べれば、26パーセントよりはましです。プレイヤーは16をヒットすることで、勝率を約4%上げることができます。このゲームは、1パーセントが重要になるゲームであることを忘れないでください。だからこそ、それを利用するのです。

3枚以上のカードで16を持っている場合は?

ブラックジャックの戦略では、このような状況に陥ったときにどうすべきかは明らかにされていません。
しかし、もし3枚以上のカードで16を持っているのであれば、スタンドすることをお勧めします。

ディーラーが10を持っていたら、あなたはスタンドすべきです。つまり、確率が有利なところでは常にスタンドするということです。
16はブラックジャックでは最悪の手札です。残念ながら、この難しい手札を避けることはできません。しかし、この戦略に従うことで、負けを少なくし、勝ちを多くすることができます。