Skip to content
Slide 1
「パスワードフロンティア」で楽しみ方無限大!

前作からゲーム性を一新し、さらなるパワーアップを遂げたシリーズ最新作『マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.』がいよいよ9月28日よりホールにお目見え!

Slide 1
『CRフィーバーマクロスフロンティア2』

2008年7月31日、みなみなさまのお陰を持ちましてパチンコ・パチスロ攻略情報サイト「まんさいパチ&スロ」WEBサイトはリニューアルをいたしました!「まんさいパチ&スロ」は今まで以上に、みなさまにご満足いただける情報サービスを発信して参ります。

Slide 1
『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』プレス発表会レポ!!

2015年8月26日、フィールズ株式会社はベルサール秋葉原にて新機種『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』(D-light製)のプレス発表会を開催した。

previous arrow
next arrow

mansai777.com は、人気のカジノや攻略法など役立つ情報満載

あなたのための私たちのおすすめ

人気のゲーム

パチンコとは?日本で人気の理由をを徹底検証!

日本でパチンコはとても人気があり、中毒性の高いゲームです。

海外のオンラインゲームサイトには、さまざまなマシン、ゲームテーブル、スロットなどがあります。

初めてパチンコ店に入る外国人にとっては新鮮な体験です。

店に入るとまずタバコの煙が立ち込め、次に鐘の音やアニメキャラの声を響かせるパチンコ台が並んでいるのが見えます。

プレイヤーは椅子に座って、パチンコ玉が盤面を跳び回ったり中央のチャッカーに入ったりするのを見ています。

中央のチャッカーに入る玉が多いほど、多くの現金や景品を獲得できます。 

パチンコの人気と魅力ストレスの多い日本社会の中で、人々は逃げ場を求めています。

パチンコは、職場や家庭でのストレスを解消するにはうってつけです。

何千個もの輝く玉と大きな音が、社会の中ではめったに味わえない無心の時間を作り出します。  

パチンコとは?

パチンコの起源はアメリカのピンボールで、日本には1920年代に入ってきました。

玉がぶつかる音から「パチパチ」と名付けられ、駄菓子屋に設置されて子供達に親しまれました。

1940年代になると、ゲームの規模が拡大して大人もプレイするようになり、人気を博しました。

現在、日本には12000軒以上のパチンコ店があり、通勤や帰宅の途中に1~2時間ほどボーッとしながら過ごせる場所となっています。 

日本で大人気のゲーム「パチンコ」ガイドの記事もチェック!

観光客はパチンコができる?

外国から観光に来た人たちはパチンコができるのでしょうか?

パチンコは80年以上にわたって何百万人もの日本人を楽しませてきた、日本特有の娯楽です。

パチンコ店は全国各地にあり、ネオンが点滅し、面白い音が聞こえてくるのですぐに見つけられます。

海外からの観光客もパチンコをプレイできます。

このゲームは簡単で、ほとんど運に左右されます。

ピンボールをプレイしたことがあれば、パチンコも簡単です。

しかし、初めての方はパチンコは難しそうだと感じます。

そこで、パチンコを打つコツや&方法をご紹介します。  

パチンコ台を選ぶ

パチンコの台を選ぶことがまずは肝心です。

店内に並んでいるパチンコ台は、玉の値段と大当たりの確率で分類されています。

初心者の方は、玉の値段が1個1円の台を選ぶのがお勧めです。

また、台に「1/99」と書かれているかどうかも確認します。

これは、大当たりの確率が1/99という意味です。

お金を入れる

パチンコの台を選ぶことがまずは肝心です。

店内に並んでいるパチンコ台は、玉の値段と大当たりの確率で分類されています。

初心者の方は、玉の値段が1個1円の台を選ぶのがお勧めです。

また、台に「1/99」と書かれているかどうかも確認します。

これは、大当たりの確率が1/99という意味です。

<h3>お金を入れる</h3>

お金またはICカードを台の横にある投入口に入れます。

台の右側にある玉貸ボタンを押すと、玉が出てきます。

<h3>ゲームをプレイする</h3>

パチンコをプレイするには台の右下にあるハンドルを回します。

ここでのテクニックは、玉が盤面の上の方まで飛ぶようにハンドルの回し方を調節することです。

玉が上に飛び、左右どちらかの角から盤面に落ちるのが理想的です。

左上にあるブッコミが狙い所です。

1度コツをつかめば、玉がどんどん盤面に流れてくるようになります。

パチンコが盛り上がるのは、盤面の中央にあるスタートチャッカーに玉が入ったときです。 

大当たりを狙う

パチンコを打つ一番の目的は大当たりを狙うことでしょう。

玉がスタートチャッカーに入ると図柄が回ります。

同じ数字が3つ揃うと大当たりとなり、たくさんの出玉を獲得できます。

大当たり中はより多くの出玉を獲得できるアタッカーが開きます。 

景品の獲得

出玉は景品と交換が可能です。

返却ボタンを押して台に残っているお金を払い戻し、呼び出しボタンを押します。

呼び出しボタンを押すとすぐにスタッフが来て出玉を数えます。

景品引き換えのレシートを受け取り、カウンターに行って欲しい景品を選びます。 

ギャンブルとしてのパチンコ

パチンコは合法なギャンブルです。

日本では、競馬や一部のオートレース以外のギャンブルは違法ですがパチンコは厳密にはゲームとして分類されており、法律でも認められているものです。

パチンコ店は高額でエキサイティングな景品を獲得できる娯楽施設なので、ギャンブルではなく大衆娯楽です。 

パチンコで勝ったときに受け取るのは現金ではなく、景品と交換できるレシートです。

店内の交換所でレシートを見せて景品をもらいます。

パチンコの景品は大きく分けて2種類あります。

  • 通常の景品:お菓子やペン、電化製品、スーパーの商品券など、日常的に使うものです。
  • 特殊景品:銀や金です。

特に現金に交換できる特殊景品はプレイヤーにとって魅力的です。

店内での換金は違法なので、パチンコ店に隣接しているTUCショップに特殊景品を売って、現金を受け取ります。

これが、ギャンブルとしてのパチンコの仕組みです。

ただ、ギャンブルというよりは大衆娯楽と呼ぶ方がふさわしいかもしれません。

日本はパチンコにいくら費やしているのか

パチンコは日本における巨大ビジネスです。

日本人の10人に1人は週に1度パチンコをしており、これは日本人全体の余暇時間の半分を占めています。

日本人が1年間にパチンコに費やす金額を合わせると、日本の年間GDPの4%に相当する約2兆8700億円に達します。

パチンコ業界の年間の収益は、ラスベガス・シンガポール・マカオの3大ゲーミング市場を合わせた額の30倍、日本の輸出自動車産業の2倍です。

また、パチンコ店の雇用者数は日本の自動車メーカー全体の雇用者数を上回ります。

ピンボールとパチンコの違いは?

パチンコに似ているピンボールですがどのような違いがあるのでしょうか?

ピンボールには、プランジャー、バンパー、ピン、フリッパー、ボールがあります。

ピンボールの遊び方は、

  1. プランジャーでボールを盤面に発射すると、バンパーやピンに当たって跳ね返ります。
  2. フリッパーでボールを着地させたい場所に誘導し、高得点を狙います。

パチンコの遊び方は、

  1. 台の右下にあるハンドルを回してパチンコ玉を発射します。
  2. 玉をできるだけ高く飛ばし、左上に入るように回すと勝ちやすいです。

パチンコはピンボールやスロットマシンのアップデート版で、違いといえばパチンコ台には、ピンボールのように玉を操作するフリッパーがありません。 

パチンコはどこでできる?

パチンコは日本の文化に根ざしたゲームで、全国に12000軒以上のパチンコ店があります。

全国どこでもプレイできますが、最大規模のパチンコ店は東京にあります。  

パチンコ店の照明と音響は、少し楽しむ程度の客から多くの出玉 (運が良ければ) を獲得しようとする熱心なプレイヤーまでたくさんの人々を惹きつけます。

運試しをしたり、大当たりを狙ったりできる場所であるパチンコ店は、商店街やバス停、鉄道駅の近くで簡単に見つけることができます。